| 塩谷信男医学博士の正心調息法 | 正心調息法講習会 | 塩谷博士とは? | 正心調息法とは? |
| WEB講座 (やり方詳細解説) | 体験談 | 「正心調息法と大断言」サイト記事転載 | 調息法と私 | LINK集 | さいとまっぷ | 掲示板 |
「正心調息法と大断言」サイトからの転載記事   
 熱海へ(Q&A) (1999年6月22日)  塩谷博士インタビュー(1999年4月28日)

私がWEBサイトを作れるようになるまで「専用掲示板」や「講習会日程」の告知で永らくお世話になったサイトが「正心調息法と大断言」。
そこには1999年に塩谷博士に直接お会いして質疑した内容や、Gさんという記者がインタビューした内容が掲載されています。
時も過ぎ、塩谷博士が予言された内容と異なっているところもありますが、正心調息法に関する重要な示唆や、
当時博士が考えられていたことを直接知ることのできる重要な資料です。
「正心調息法と大断言」サイトの管理人さん、Gさんにもご了解を得て、
正心調息法ネットワークサイトにも転載させていただくことにしました。
塩谷博士の著書、当サイトの記事と併せて、皆さんにご参照いただければ幸いです

なお、明らかな誤字等については訂正していますが、その他は原文のまま掲載させていただきます。

 熱海へ (Q&A)   その1  その2  その3  その4  その5 
 熱海へ (Q&A) その2

大掃除される側からすると、なぜそんな理不尽なことをされるのかと感じますが?

ぼくもそう思ったよ。宇宙には無限の力があるんだから、カタストロフィーなしで大和のみ代を実現できないのか?もし破滅を避けられないなら、あんたの力は無限じゃないと言いたくなったよ(笑)。でも人間には自由意志が与えられているの。

カタストロフィーを経験するうちに考え方を変えて、破滅を避ける人もいるのですか?

もちろんそういう人もいるの。ただ、カタストロフィーになってしまったら、気づくどころではないがな。食うに困ったり、危険を避けるのが精一杯だからね。その前に、せめて芽だけでも植えつけとかなくては。

先生が講演会でカタストロフィーの話をされている理由は、
 少しでも早く気づいてもらうためなんですか


そう。一人でも多くの方に気づいてもらえるようにね。気づいて、変わろうと思えばカタストロフィーを切り抜けられるの。カタストロフィーを乗り切る人が多いほど、後の世界をスムーズに建設できるから、向こうから見たら有り難いことなの。だから向こうの人は、少しでも多くの人間を破滅から救いたいと思っているの。
根室では、吹雪にもかかわらず母屋だけでなく自動車にも雪が積もらなかったでしょう。この話を聞いた時に、「母屋に連なるものも災害を免れる」という暗示じゃないかと思ったの。だから君達が大断言をすれば、君達にご縁のある人は、大断言を知らなかったとしても救われるの。

調息法、大断言でカタストロフィは避けられないのでしょうか?

現象自体は避けられないの。でも大断言を唱えていれば、カタストロフィーがあっても、傷一つなく災害を切り抜けられるの。そのことは、紫穂さんが500万円を手に入れたり、その友人が4000万円を手に入れた例を考えればわかるでしょう。
カタストロフィーを切り抜ける人が新しい世の中を創るのだから、けがをしたり病気になったら困るわけ。新しい世界を創る人がいなかったら、地球は滅びてしまうの。実際、カタストロフィーで完全に破滅してしまう天体もあるらしいの。

大断言や正心調息法を実践していなくても、カタストロフィーを乗り切る人はいるのでしょうか?

たくさんいるよ。何も大断言だけがカタストロフィーを乗り切る唯一の方法じゃないがな。まだまだ、いい方法があるかもしらん。ただ俺は正心調息法を考えただけ。他の方法を考えている人は地球上にはたくさんいるがな。俺を信じて正心調息法をする人は救われると思っているだけだ。

カタストロフィーを避けるには、ただ淡々と日々の生活を精一杯充実するように過ごすことで
 十分だと思いますがいかがでしょうか?


それだけは、カタストロフィーは避けられないがな。もっと大きな力を利用しなくては。自分の力だけでは、今まで通りだがな。これまでの流れから抜けるためには、宇宙の無限力という大きな力をつかまなくては。そのためには意志の力が必要なの。意志の力で見ない力を集めなければ、いつまでも変われないの。
それから、自分の脳細胞や肉体の細胞に酸素を十分に与えて、抵抗力をつける必要があるの。だから、正心調息法が必要なの。カタストロフィーを避けるには、観念的な方法だけじゃだめ。具体的なメソッドも加えて、形のある世界と、形のない世界の両方に働きかけなくてはだめなの。

幼少の子どもたちはどのように保護すればよいのですか?

根室で自動車に雪が積もらなかった話をしただろう。これと同じように、親が大断言をしていれば子供も救われるの。今まではこうした実例を見せてもらわなかったけれど、根室の例でわかったがな。「一人が出家すれば、周りの人が救われる」というのは、一つの真理なの。
だから子供ことを心配する前に、自分自身が救われるような人間になることが大事なの。本末転倒しないで、まず”本”を考えるの。そうすれば自然と”末”が救われるがな。

大断言を唱えると自動的にカタストロフィーから救われると考えていいんですか?

その通りだがな。波長が違ってしまうんだから、災害が寄ってこないがな。こちらが災害を避ける力を持っているんだから、嵐が避けてしまうの。

その人の霊性の高さなどには関係なく、まず大断言を唱えることが大切なんですか?

霊性が高くても、カタストロフィーに巻き込まれる可能性がある。霊性の高い人は、普通の人よりは被害が少ないかもしれないが、ある程度の被害を受けるがな。
被害を避けるには、宇宙の無限力を取り入れて、細胞の力を高めることが必要なの。そして細胞の力を高めるためには、正心調息法が必要なの。
精神力だけで乗り切ることができるという人がいるけれど、それは無理。力のない馬の尻をたたいても無駄なのと同じだがな。調息法をして、脳細胞と体の細胞の両方に力をつけなければだめなの。
3次元の世界にいる以上は、肉体も大事なの。肉体を軽視する人がはアホなの。肉体があって初めて頭も働くんだから。精神だけ重視して、肉体を無視した人が長生きしたかということなんだよ。
とはいってもどんな健康法でもいいわけではないの。健康法はたくさんあるけれど、創始者が早死にしていたら、その健康法が本物でなかったということや。俺は、体が弱くて長生きしないと言われたけれど、正心調息法をしたからこうして長生きできたの。正心調息法をしなかったら、とっくに死んでいたがな。
単なる精神論はだめだし、肉体だけ考えてもだめだぞ。正心調息法は、精神と肉体を健康にするの。だから君達は、自信を持って正心調息法を人に勧めてもらいたい。正心調息法をした人は健康になるし、悪い運が抜けて幸せになるんだから。君たちの中で、正心調息法をしているのに運が悪いとか、家族がどうもうまくいかないという人は、ちゃんと正心調息法をしていない証拠だ。

■カタストロフィが来て地軸が曲がるようなことになるとき、
 その前後にわたしたち人間や他の動植物たちはどのような状況になるのでしょうか。

ひどい状況になるがな。カタストロフィーは以前にもあったけれど、経験した人が残っているわけでない。その時にどんなことが起きるか、人間がどのような精神状態になるか、予想できないの。
人によって、カタストロフィーで経験することは違うの。高いレベルの人にとっては、さまざまな災害がよけて通るんだから、なんてことないがな。しかし、地軸が傾くのを止めることはできないし、火山が噴火したり津波が来るのを止められないの。
地軸が傾くと、極地が熱帯になるだろう。北極は大地の上に氷が乗っているから、まだ被害は少ないけれど、南極は全てが氷だから影響が大きい。南極の氷が解けだしたら、海面が上昇して、世界中の低い場所は水に浸るがな。正心調息法をしていても、海面が上昇することは避けられないから、高いところに逃げるしかないの。また飢饉が来るから、雑草でも何でも食べて過ごさなくてはならないがな。それから、治療法がないような病気もはやると言われている。

そういう状態になるのは、2006年くらいですか?
その前に始まるのでないかな。『聖書の暗号』という本を読むと、ヨハネの黙示録から始まって、今から900年前のマラキの法王の予言書、500年前のノストラダムス、今世紀のエドガーケーシーなどの素晴らしい予言が取り上げられているけれど、地軸が傾くとは予言されていないの。
ところが聖徳太子は、昼間が一瞬にして夜になって、太陽の代わりに月が出てくると書いている。これは地軸が傾くということだな。
これはとんでもないことや。どんな対策をしても、地軸が傾くのは防ぎようがないし、地軸が傾けば極地の氷が溶けだして海面が上昇するんだから。でも大断言をして、宇宙の無限力を取り入れている人は、とにかく何らかの形で救われるの。水のないところに連れて行かれるのか、その人がいる場所だけ水をかぶらないかは、わからないけれどね。そして生き残った人達が、新しい世界を創ることになるの。

カタストロフィーで多くの方が亡くなるわけですね。カタストロフィーを切り抜けて
 大和のみ代をつくる使命のある人は、精神的につらい時期があるような気がするんですが?


当然そうなの。精神的にも肉体的にも、おおいに苦しまなくてはならないな。食べるものはなくなるだろうし、水もかぶるんだから。ただ被害が少なかったり、大きな力に助けてもらうことはあり得るの。でもどんな形の助けがあるか、我々の知識では予想できないがな。とにかく調息法と、大断言をしている人は必ず救われるの。
根室の話を聞いただけでわかると思うんだよ。紫穂さんの話でもそうだろう。それまでは、お金に苦労していたのに、調息法をしたら自然に必要なお金が手に入ったんだから。紫穂さんの知り合いには、4000万円が入ってきたの。
どれも常識では考えられないことなの。科学者は、そんなことはあり得ないと言うでしょう。しかし、宇宙の無限力が働けばそれくらい簡単なことなの。普通の人には信じられないだろうが、俺からすれば当たり前。助けがなかったとしたら、正心調息法や大断言のやり方が悪いんだよ。

平和国家の日本が戦争に巻き込まれるようなことがあるのでしょうか?
 原爆の恐ろしさを知っている唯一の国なのに、率先して戦うような事態が今後あるのでしょうか?


中近東が火種になって、戦争が起こるの。ただ核兵器は使われない。もし使われたら、地球が滅亡してしまうからね。とにかく、全世界を巻き込んだ戦争が始まるの。日本もその中に巻き込まれるの。

先生は戦争から免れないとおしゃいましたが、それは何か啓示みないなものなんですか?

そういう啓示を受け取る人はいる。でもわしには啓示は来ないけれどな。

塩谷先生は、どうやって情報を手に入れられたんですか?

ただ、そう思っただけなの。例えば去年の9月頃、中丸さんの書物を読んだ時に、この人は仲人をする人だとすぐにわかったがな。それまでは、天皇とユダヤの女性が出会う時に、仲人をする人がいるはずだと思っていたけれど、それが誰かわからなかった。本を読んだ時に「そうか、ここにいたのか」と思ったの。
それで中丸さんに会って、「あなたには使命があるぞ」と伝えたの。そうしたら、中丸さんは「わかりました」と言ったの。あの場ですぐにそれだけ言える人は、なかなかいないよ。後で聞いた話だけれど、中丸さんは一緒に来ていた人に「これで私の腹は決まりました」と言っていたらしいの。わしはその話を聞いて、さすがに仲人をする人だなと思った。彼女には君達に話したよりも、もう少し奥深い話をしたが、みんなわかってもらえたがな。
わしはこれまでに、ご託宣もいただいたこともありました。でもメッセージを受け取る人の主観や潜在意識がじゃまして、正しい情報はなかなか受け取れないの。霊言とか霊証にはピンからキリまであるから、全部だめとは言えない。でも潜在意識や知識がどうしても顔を出すから、情報を受けとった人の色がつくの。だから、自分で情報を受け取るのが一番いいの。自分自身の知識の影響は受けるけれどね。

自分自身にふっと浮かんできたメッセージが一番信頼できますよね?

そうなの。純粋なことが多いからね。。

カタトロフィーが現象として表れるのは、2000年以降ということですが、
 すでにその兆候はあるのでしょうか?


すでに崩壊が始まっているの。エドガーケーシの「1998年から破滅が始まる」という予言は、外れたと言われているけれど、本当はすでに破滅が始まっているの。いまのところ、人の心の問題や、小さなできごとだけれどもね。本格的に始まるのは来世紀からなの。
でも、今起きている小さなことが、直接カタストロフィーにつながるわけではないがな。小さいことは一つの現れにすぎないの。これから、もっと大きな力が働くんだから。

中丸先生がおっしゃられている”闇の世界権力”と今回の大動乱の間に、
 何か関係があるのでしょうか?


闇の権力が経済や武力面で火種を作っているの。闇の権力が煽るおかげで、武器製造商人は潤っているわけだ。これまではどんな戦争でも、彼らは損をしなかったがな。第一次大戦、第二次大戦でも大儲けしたの。
ところがカタストロフィーが起きると、闇の権力もつぶされてしまうの。彼らは、目先の利益しか見えないし、自分の儲けしか考えていないんだから。気がついて、カタストロフィーを切り抜けられるわけがないの。
中丸さんは中近東に行った時に、わしが彼女に言ったのと同じことを別な人から聞いた。普通だったら、こんなことはあり得ないことだろう。その中近東の人は、天皇とお会いになる女性を知っていたのだから、俺よりもよく知っていたことになるんだがね。このできごとで、俺の考えていたことの裏付けができたがな。
5月22日の懇親会で、「中丸さんには龍神がついている」という話をしたけれど、中丸さんと会った時に、龍神が見えたわけではないの。わしはそれほど霊眼が開けてはいない。ただ、えらい龍神がいるなとは感じるの。でも龍神の姿まではわからないし、霊視できる人のようにはっきりとはわからないの

 熱海へ (Q&A)   その1へ  その2  その3へ   
All rights reserved. Copyright (C) Seishin-Chosokuho Network