| 塩谷信男医学博士の正心調息法 | 正心調息法講習会 | 塩谷博士とは? | 正心調息法とは? |
| WEB講座 (やり方詳細解説) | 体験談 | 「正心調息法と大断言」サイト記事転載 | 調息法と私 | LINK集 | さいとまっぷ | 新掲示板 |
「正心調息法と大断言」サイトからの転載記事   
 熱海へ(Q&A) (1999年6月22日)  塩谷博士インタビュー(1999年4月28日)

私がWEBサイトを作れるようになるまで「専用掲示板」や「講習会日程」の告知で永らくお世話になったサイトが「正心調息法と大断言」。
そこには1999年に塩谷博士に直接お会いして質疑した内容や、Gさんという記者がインタビューした内容が掲載されています。
時も過ぎ、塩谷博士が予言された内容と異なっているところもありますが、正心調息法に関する重要な示唆や、
当時博士が考えられていたことを直接知ることのできる重要な資料です。
「正心調息法と大断言」サイトの管理人さん、Gさんにもご了解を得て、
正心調息法ネットワークサイトにも転載させていただくことにしました。
塩谷博士の著書、当サイトの記事と併せて、皆さんにご参照いただければ幸いです

なお、明らかな誤字等については訂正していますが、その他は原文のまま掲載させていただきます。

 塩谷博士インタビュー   その1  その2  その3  その4  
 塩谷博士とのインタビュー その4
体の衰えを頭でカバーされたわけですね。:

脳細胞に十分な酸素があるから、ちゃんと働くんだよ。脳細胞に活力があるから、アイディアも生まれるし、実行力も出てくるの。正心調息法をやらなかったら、アイディアを生み出そうという気力もないし、うまくいかないのが当たり前だと思ってしまうがな。それでおしまい。
積極的に活動するためには、まず考え、そして行動だろう。それがそろってできるのは、調息法をやっているから。そのサンプルがここにいるの。ここに来た以上は君もやってみないとダメなの。聞きました、反対側の耳から出ました。ではダメだよ。

心します。人間は、大きな可能性を持っているんですね。:

当たり前だがな。人間は神に似せて作られたんだぞ。可能性は無限に近いのに、それを発揮していないだけなの。というよりは、発揮できないの。そんな気にさえならないで、「これでおしまい」と諦めてしまう。

常識では、97歳でゴルフなんて考えられませんものね。:

97歳でゴルフはできないというのが常識だ。だいたい生きている人さえあまりいないんだから。それが、ゴルフ場を颯爽と歩いているだけでなく、ボールを打っているんだから(笑)。愉快だよ人生は。

昨日ゴルフをされたとのことですが、お疲れではないんですか?:

残ってないがな。昔は、ゴルフの後には疲れが残っていたがね。

1ラウンドのスコア-はどのくらいですか?:

100を切ったり切らなかったりだね。ゴルフが楽しいよ。私は人と争うことが嫌いなの。にぎるなんて、具の骨頂。だからにぎりはやらないがな。打つことが楽しいんだから。思ったとおりにいったとか、いかなかったとかね。うまくいかない方が多いけれどね(笑)。とくに最近は、距離の測定がうまくいかなくなって、キャディーさんに聞くことが多いの。
僕の誕生日に、このランの花をキャディーさんたちが送ってくれたの。こんなキャディーさんがどこにいますか。それにキャディーさんから、誕生日にプレゼントを送られる人間がどこにいるかって。

本当ですね。私もゴルフをしますが、なかなか100を切れないんですが…。:

切れなくても、ゴルフを楽しめばいいの。ミスをしていちいち腹を立てていたらゴルフへ行く資格がないよ。ミスをしたら原因を探せばいいの。悪いところがわかれば、進歩があるし楽しいでしょう。ミスはミスで結構。バンカーに入ったらバンカーから打てばいいんだよ。3打で回れなければ4つたたけばいいの。

そう考えれば楽しめますね。:

わざわざ苦しんだり、賭ける連中は損をしに行っているの(笑)。あれは意味ないがな。せっかくの楽しみを無駄にしているの。

先生は一人でコースに行かれるそうですが、知らない方と一緒に回られるのですか?:

みんな光栄だって喜んで一緒に回ってくれるの。この年で、できるスポーツはないね。ジョギングだってできないだろう。やったら死んでしまうよ(笑)。ゴルフは青い草の上を歩くだろう。あれが体にいいの。

若い人と回られて楽しいですね。:

みんな自分の孫のような年齢だしね。といっても孫も40歳台だけどね(笑)。わしは相手は誰でも構わないんだ。誰とやっても負けるんだから(笑)。

ゴルフの練習はされるんですか?:

マンションの屋上にゴルフの練習場があって、毎朝練習しているよ。これがわしの運動なの。

どのくらい打たれるんですか?:

100発。毎朝打っているよ。

ゴルフに行かれないときは、近所を散歩されたりするんですか?:

散歩はするよ。でも、時間や歩数を決めてない。行きたければ行くし、気がむかなかければ行かないの。「1日に何歩以上は歩いています」なんて固いことは言わないの。

つまり、しなければいけないということはないんですね。:

そうなの。

健康法では、よく「必ず○○をしなければならい」と言われますが?:

普通の人はそのほうがいいの。そうでないと規則正しく生活できないから。決めてやることは大事よ。私みたいに、ランダムにやるのは本当は邪道だ。みんなには、ちゃんと決めてやりなさいって言いたいね。

先生はお酒は飲まれるんですか?:

若い頃から一適も飲まないの。

タバコも吸われないんですか?:

当たり前だろう。タバコは百害あって一利もないんだよ。医者がそれを吸ってどうなるんだ。タバコは健康に悪いですよと言いながら、プカプカ吸っていてどうする。
わしは若い頃から、タバコを吸わなかった。健康に悪いって知っているんだもの。未成年にタバコが禁止されているのは、体に悪いからでしょう。それなのに、成年になったからといって、喫煙して体にいいわけないがな。医者が、タバコを吸ったら医者の資格はないよ。

それでも、タバコを吸っている方は多いですね。:

ほとんど吸っているね。

お医者さんはストレスがたまるんでしょうか?

ストレス解消の面もあるだろうね。お酒もそうだね。お酒は一利あっても、害の方が多いね。

正心調息法でストレスを解消したほうがいいですね。:

そうすれば、一時の快楽を求める必要もないし、自然と安らかな気持ちでいられるの。

こんな素晴らしい方法がタダなのがうれしいですね。:

呼吸法だけでなく、大事なものはタダなの。本当に人間に必要なものは、みんなタダなの。米だって自分で作ればタダでしょう。ダイヤみたいなものは、生きていく上で必要ないから、高くてもいいの。必要な物を手に入れるのに、神は金を取らないがな。

空気だってタダですしね。タダで頂いている空気を人間が汚している。困ったことですね。:

おろかな人間のおかげでね。まさに自殺行為だ。だから、これからカタストロフィーが起きるの。そして本当の世の中になるの。そんな話しも今度するから、また来てごらん。今度はただの健康法じゃなくて、言いたいことを話すぞ。

お話しを伺っていて、勇気がわいてきました。:

みんなそういう力を持っているんだもの。

先生はお若い頃は虚弱だったとお聞きしています。:

まことに虚弱だった。とっくにあちらへ行っているはずだったんだから。正心調息法がなければね。正心調息法のおかげで一番助かったのはわしなの。

不思議ですね。一番からだが弱かった先生がこんなにお元気なんて。:

一番ご利益を頂いたのはわしなの。

また伺わせてください。今日は本当にありがとうございました。
少しでも多くの方に広められるように努力いたします。:

広めて下さいね。正心調息法を知った人が,実際にやったら、幸せになれるんだということを憶えておくの。100人に知らせて、何人かが実行してくれれば、その人は幸せになる。

しばらくは正心調息法をやっていたんですが、最近さぼってます。とにかくやらないとわからないですものね。:

すべてそうなの。“冷暖自知(れいだんじち)”という言葉を知っているかい。熱いも寒いも、話しに聞いただけではだめ。耳学問ではだめですよという意味だ。己が知ることで、はじめて熱いとか冷たいがわかるの。

今は、“自知”でない情報が多すぎますよね。:

頭でっかちと言われているだろう。その通りなの。

私も心します。ついつい楽なほうに流れる傾向があるので。:

それでも結構よ。体が耐えられなかったら楽な方へ、頭が耐えられなかったら楽な方に行っていいの。そこから道を広げればいいんだから。何もいつもがんばっている必要ないの。

先生のお話しを伺っていると「そのままでいいんだ」という気がしてきます。ありがたいですね。大きな力に活かされている気がします。今日はほんとうにありがとうございました。:

塩谷博士インタビュー   その3へ  その4  その1へ 
ページTOP   
All rights reserved. Copyright (C) Seishin-Chosokuho Network