| 塩谷信男医学博士の正心調息法 | 正心調息法講習会 | 塩谷博士とは? | 正心調息法とは? |
| WEB講座 (やり方詳細解説) | 体験談 | 「正心調息法と大断言」サイト記事転載 | 調息法と私 | LINK集 | さいとまっぷ | 掲示板 |
塩谷式正心調息法とは?
■その特徴 その効用
■正心調息法の特徴
正心調息法は、内科医であった塩谷信男博士が、子供の頃の病弱な体質を改善するために、様々な腹式呼吸法を体験しながら、自らに最適な手法を探っていった結果、創り上げられたものです。60歳の頃には一応の完成を見ていたようですが、とくにそれを人に伝えようとはされていませんでした。ところが91歳の誕生日の時、突然この呼吸法をこのまま墓場に持っていってはいけない、という思いに駆られ、それからこの呼吸法に関する著作・講演等の普及活動をはじめられることになります。この辺りは「塩谷博士Profile」を参照願います。

特徴としては次のようなものが挙げられます。

①根源的で簡易な呼吸法である。
②呼吸のステップの中に願望実現のためのアプローチが組み込まれている。
③近年注目されている健康に関する手法が、自然に組み込まれている。
④実修するに当たって、細かな禁止事項とか強制事項がない。
⑤難行苦行を要求しない。無理をしないことが原則。

それぞれの項目について、簡単に説明していきます。
■正心調息法は根源的で簡易な呼吸法
「息をする」「水を飲む」「食べる」という人間の生存に関わる次の3つのことのうちで、それを全くしない場合、死に到る時間の最も短いものは、ご存知の通り「呼吸」です。つまり、呼吸というのは、人間にとってそれほど根源的な機能です。
しかも呼吸によって摂取する酸素は、生命にとって根源的であるが故に、水や食物よりも遍く存在しています。

また眠っているときを考えれば明確なように、「飲む」「食べる」というのは無意識には行えない行為ですが、「呼吸」は無意識にでも行える行為です。つまり呼吸というのは、根源的でかつ不随意筋の支配も受けて無意識でも行える行為であるが故に軽視されがちな機能であると言えます。

正心調息法は、その最も根源的な機能である呼吸を、塩谷博士が「単純なものは万能である」という信念の元で創り上げた、最も簡易な方法で実践できる腹式呼吸法です。
とくに呼吸のステップの中に「小息」という中継ぎの息を組み込むことで、他の呼吸法に比べてとても実践しやすい手法になっています。

■呼吸のステップの中に願望実現のためのアプローチが組み込まれている。
「吸息(息を吸う)」「充息(息を止める)」「吐息(息を吐く)」という各ステップに対応して、言葉や文字の力(想念)、想像力やイメージ力(内観)を組み込み、それらを全て過去形、または過去完了形で断言する形を取ります。そのことによって、宇宙無限力を取り込み、健康に限らず自らの願望実現を図ることができます。

■近年注目されている健康に関する手法が、自然に組み込まれている。
近年、口呼吸の弊害が花粉症や自己免疫疾患の関係で叫ばれるようになってきています。
また、更年期障害の予防、改善、尿失禁とか冷え性の改善に絡めて「お尻すぼめ」の手法も、健康雑誌などでも取り上げられるようになってきています。
正心調息法には、「鼻呼吸」とか「肛門を締める(お尻すぼめ)」とかの方法が、そのステップの中に自然と組み込まれています。

■実修するに当たって、細かな禁止事項とか強制事項がない。
正心調息「法」というからにはもちろん基本的な原則、パターンはあるわけですが、あまり細かなところで「ああしろ」「こうしろ」という制約条件はありません。

例えば、実修する時間帯。
朝でも昼でも夜でも、実修中に邪魔が入らない時間帯ならいつでも構いません。

他の呼吸法でよく指示される、呼吸を始めるに当たっては「まずは吐き切ってから」ということや、呼吸の途中でも「吐くときにはお腹を凹まして吐き切る」ということも必要ありません。

  ※ただし気をつけていただきたいのは、始めるときに吐き切ってから「やってはいけない」ということではありません。
   
その方がやりやすい方はそうすればよいだけのことであり、万人に強制する必要はないということだけです。

吸うのは何秒、吐くのは何秒というような時間的な目安もありません。仮にでも具体的な数字を挙げてしまうと、それにこだわる人が出てくるから避けなさいと、博士は言われています。呼吸の長さは人それぞれであるから、自分のペースで実修するのがよい。継続して実修していくうちに、自然と長くなってくるものだというのが博士の考え方です。

■難行苦行を要求しない。無理をしないことが原則。
正心調息法は「無理をしない」「頑張らない」というのが原則です。
「吸息⇒充息⇒吐息⇒小息」の切換も、「苦しくなったら」ではなく「苦しくなる前に」次のステップに移る、というのが原則。

呼吸法を実践すること自体がストレスになってしまったのでは本末転倒です。

正心三原則のうちの一つ「愚痴を言わない」も、「言ってはいけない、言ってはいけない」などと心に溜め込んでしまっては、かえって身体に悪い。そういう場合、博士は「大声で笑うように愚痴を言いなさい」と言います。まぁ、博士は「そういう気持ちで」ということを言われているのでしょうが、なかなかそうはいきませんけれど、溜め込むよりは口に出して、さっと忘れてしまう方が良いことになります。

正心調息法は1日に25回というのが目安になりますが、これも今日は20回しかできなかったとか、忙しくて1回もできなかったなどとクドクド悩むのではなく、次の日からまたやり始めればいいということです。

その特徴   その効用   
All rights reserved. Copyright (C) Seishin-Chosokuho Network