| 塩谷信男医学博士の正心調息法 | 正心調息法講習会 | 塩谷博士とは? | 正心調息法とは? |
| WEB講座 (やり方詳細解説) | 体験談 | 「正心調息法と大断言」サイト記事転載 | 調息法と私 | LINK集 | さいとまっぷ | 掲示板 |
正心調息法
WEB講座


前段の説明

■腹式呼吸
■丹田の位置
■鼻呼吸
■姿勢
 ●座り方
 ●上体の構え
 ●鈴の印
■お尻すぼめ
 (肛門を締める)



正心三原則

■全てに前向き
■全てに感謝
■愚痴を言わない


調息法

■呼吸のステップ
■想念
■内観

■実修回数
■想念・内観の件数
■実修回数の数え方

集束放射
百事如意



大断言


正心調息法説明図pdf
(青山講習会資料)
正心調息法WEB講座/前段の説明
鼻呼吸
正心調息法は鼻呼吸が原則
他の呼吸法では「鼻から吸って、口から吐くと」というのがほとんどです。塩谷博士はそれでは駄目だとは言われませんが、呼吸のために作られた本来の器官が鼻なのだから、できるだけ鼻を使いなさいと言われています。

したがって、正心調息法は吸うときも吐くときも鼻を使う「鼻呼吸」が原則になります。

「鼻」の機能
※以下の内容は「アレルギー体質は"口呼吸"が原因だった」西原克成著/青春出版社刊を
 参考にしています
鼻はやはり呼吸のための機構をいろいろ揃えているようです。
西原氏は次のように言われています。

『鼻は臭いを嗅ぎ取る、たんなる空気の通り道ではない。むしろ、生命進化がつくりあげた精巧なエア・コンディショナーであり、からだを守る生体防御システムなのである。』

例えば、まず鼻毛というのは皆さんもご存知のように外から入ってくる大きなゴミを取り除くという機能があります。
また鼻の気道表面には繊毛が生えていて、絶えず粘液が流れ、そこでハウスダスト等も取り除いて、鼻水で外に出してしまいます。
その奥には副鼻腔という穴があり、そこを空気が通ることによって温度を調節し、100%近くまで加湿して取り込んでいる。寒くて乾燥した状態を好むインフルエンザ・ウィルスも、したがって鼻を通る段階で大部分が除去されます。

こういう機能がなかったならば、北極とか南極で呼吸をすると、喉や気管支が皆「しもやけ」になってしまいます。10年ほど前の雲仙普賢岳の大火砕流に巻き込まれた方たちは、まさに喉や気管支に火傷を負ってしまいましたが、それと逆のことが起こりうるわけです。

また息を吐くときも、鼻を通じて息を出すことによって、鼻腔内に適度な湿度と温度を確保するようにしているようです。上でも触れたようにウィルス類は寒くて乾燥した状態を好む、つまりは暖かくて湿度の高いところは苦手であるわけですから、口から息を吐いてしまっては本来の機能を発揮できないという事態に繋がってきます。

口呼吸の弊害
風邪をひいたときなどに腫れる扁桃腺。これも重要な免疫器官だそうです。鼻で除去できなかった病原菌や異物もここで消化されてしまう。扁桃腺が腫れるというのも、それらのウィルス類を消化しようとする余波で炎症が起こるということだそうで、それ自体は悪い症状ではないようです。

しかし、扁桃腺が本来の力を発揮できるのは、あくまで空気が鼻を通ってきた場合のこと。本来はその器官でない口で呼吸をしてしまうと、汚れて温湿度調整されていない空気が気管支や肺に直接流れ込むことになる。結果、湿度が充分でないと機能しにくい肺胞にダメージを与えたり、扁桃腺に過大な負荷を負わせることになり、さま゛さまな免疫障害も生じてくる。

西原氏によると、最近よく聞かれる原因不明の難病・奇病の多くは、口呼吸に起因する免疫病であるとのことです。ちなみに、哺乳類で口呼吸ができるのは人間だけだそうです。おそらく、人間は話すという機能を持ったために、結果として口でも呼吸をできるようになってしまったのではないでしょうか。

花粉症と鼻呼吸に関する私の体験談
自覚症状としては健康面でこれといった問題を抱えていない私ですので、正心調息法でこんな効果があったという体験は少ないのですが、花粉症は見事に治りました。これについては下記のページを参照してください

私の体験談 「花粉症が一発で治った」

余談ですけど・・・

たしか「動物奇想天外」というTV番組だったと思いますが、こんなシーンがありました。

ペット用の給水器があります。水をボトルに入れて逆さに立てて設置するのですが、その先には管があり、その先端には球が付いていて、その球を舌で押し上げると瞬時隙間が開いて水を飲むことができる。それをこれもたしかラッコで試していたと覚えていますが、舌で押し上げて出てくる水の量では物足りないらしい。で、どうしたかというと、ボトルの先端を鼻に押し付けて空気をドッと送り、多めに出てくる水を素早く口で受け止める、ということを繰り返していました。

そのとき出演していたタレントが「どうして口で空気を送らないのだろう」と不思議がっていました。口から空気を送れば、水はそのまま口で受ければいいわけですから、そのほうがやりやすいのではないかと、その時は私も思いました。
でも、哺乳類で口呼吸が出来るのは人間だけだとすると、ラッコはそもそも口から空気を出すことは出来ないのかもしれませんね。
■鼻呼吸
All rights reserved. Copyright (C) Seishin-Chosokuho Network